W杯、日本VSセネガルをテレビ観戦しました

日本VSセネガルは、2対2のドローでした。

取りあえずは勝てた試合だと解説者の人たちは言うけれど、個人的には負け試合を何とか引き分けに出来たという感想です。

伝統的に点が取れない日本代表が初戦に続いて2点取れたというのは、これまでよりも良い縦パスが入っているからだと思いますし、よりゴールを意識したパスが出せてるのは、前任者のハリルの影響もあるんではないかと感じてます。ハリルの時間も無駄では無かったと思います。

あと、ヨーロッパでプレーしてる選手が大半だというのもありそうです。横パスばかりじゃ試合に出れませんからね。

セネガルは個人の能力が高かった

強いアフリカのチームの特徴が強かったです。個人の能力が高くて日本が最も苦手にするタイプのチームです。

それでもヨーロッパでプレーする選手がほとんどですから、昔よりはフィジカルで押し切られるという場面は少なかったですが、簡単に点を取ってしまうのがアフリカ系選手の特徴ですね。コンビ―ネーションなんて糞くらえという感じでした。

この辺は永久に埋まらない差だと思うので日本は日本らしく戦うしかありません。しかし、日本も急にゴール前の精度が上がりました。1か月前の状態が嘘みたいです。

3戦目のポーランド戦はどにかく頑張って欲しい

3戦目のポーランド戦ですが、セネガルよりは戦いやすいと思うので、何とか勝ち点を取ってグループリーグを突破して欲しいです。ココまで行ってようやく、この2戦の頑張りも生きてくると思うので、とにかく頑張って欲しいです。今からポーランドVSコロンビアを見ます(笑)

 

下のボタンをポチッと押して応援してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です