サッカーW杯、日本がコロンビアに勝利

ロシアW杯の初戦で日本がコロンビアに勝利しました

少し前に今回の日本代表はあまり注目されてないという記事を書きましたが、謝らなければいけません。試合開始から終了まで手に汗握る試合でガッツリ観戦しました。

戦前の予想ではグループリーグ3戦で1つでも勝てれば上出来という感じでしたが、初戦のコロンビア戦は非常に良い試合でした。序盤に相手に退場者が出る有利な展開だったとは言え、特に後半は完全に日本が試合の主導権を握ってコロンビアに何もさせなかったと思います。結果的には完勝という内容でした。

前半は日本有利の時間帯から徐々に劣勢に

早い時間に点が入ったために選手も言っていたけど、守備的な試合運びになりコロンビアに押し込まれる展開になっていきました。FKからの失点は防げたかもしれない内容でしたが前半はコロンビアの攻撃にも迫力がありました。

特にFWのファルカオ選手は無理な体勢からでも枠内にシュートが打てるので前を向いてボールを持たせると怖いと感じました。

前半は1-1でしたが、内容的には苦しい時間も多く決して楽観できる試合ではありませんでした。

後半は終始日本有利の時間帯に

後半に関しては日本は最高の出来だったと思います。W杯のような舞台で、あれ以上の内容を求めるのは無理だという程です。

1人多いですが、無理してパスを回す訳でもなくディフェンスラインでゆっくりボールを回しながら、空いたスペースに縦パスを入れるというリスクの少ない試合運びで、日本にありがちな高い位置での横パスも少なくてゴールへの意識も高かったです。

特に大迫選手はボールキープだけにとらわれず、何度も反転してゴールを狙いました。こぼれ球も日本が拾う事が多く2次攻撃をしかける事が出来て、結果的にコーナーキックの数も多く、2点目のゴールにつながりました。

セネガル戦に向けて

今回は早々に退場者が出たのでボールを保持する時間が長かったですが、11人同士の試合になれば全く話は変わってきます。まずは、初戦で見せれたゴールへの意識を継続できるかがポイントです。

横パスを多用するような試合にしてしまうと相手にカウンターを食らうので苦しい展開になります。やはりボールを持つのはボランチまでで、後は縦に早いサッカーの方がリスクは少ないです。

大迫選手へのマークは厳しくなるでしょうが、この試合のように前を向けたら面白い試合になりそうです。

 

下のボタンをポチッと押して応援してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です