貯金は固定費という考え方

貯金を毎月の固定費という考え方が出来れば貯金を継続できる

貯金というのは少額でも毎月継続していく事が大切です。そこで貯金がイマイチ上手く出来ない人は、少し考え方を変えてみてはどうでしょうか?毎月残ったお金を貯金するでは、貯金額が一定化しませんし、そもそも使う事を優先させていれば貯金などをするのは難しいです。

そこで、貯金も家賃や食費のように、毎月かかる固定費だと考えて最初から無い物として考えれば少しは上手くいくかと思います。しかし、固定費にするにしても金額設定が難しいですね。

したがって初めは無理のない金額設定でいいと思います。とにかく貯金を継続する事に専念していけば、自分の収入だといくら貯金にまわせるのかが徐々に見えてきます。そして貯金というのは貯まっていくと、だんだん楽しくなってきて「どうしたら、もっと貯められるか?」と考えるようになってくるものです。

まずは無理のない貯金を始めて、貯金体質になるように自分を持っていくのです。

支出というのは出来るだけ予算化しよう

第2段階としては、支出は出来るだけ一定化させて予算化できるようにする事です。使いたい時に使いたいだけお金を使っていては貯金を増やすのは、なかなか難しいです。食費、小遣いなんかは毎月の金額を決めたい所ですね。

項目ごとに金額を一定化できれば、貯金も順調に貯まっていくと思います。毎月のお金の流れも見えてきて貯金できる金額も大まかに分かってきます。ココまで来れば、後は淡々と貯金を継続するだけになります。

この頃から家計簿なんかを付け始めてもいいでしょう。

貯金をする為には大きな削減よりも小さな削減を数多くする

何か節約するにしても、1つの項目で1~2万円も削減するのはしんどいですし長続きしません。それよりも数千円の小さな節約を色々な項目で数多くする方が無理も無く出来て長続きするでしょう。

貯金というのは継続するのが命ですから、コツコツと小さな節約をする方が成功しやすいのです。一気に節約しても2~3カ月で止めてしまっては意味が無いのです。

ですから、無理のない範囲でコツコツと節約をして継続できる貯金を作っていくのが重要なのです。

貯金と聞くと我が家には無理だと最初から諦めてしまう人も多いですが、小さな節約を継続的にやっていけば段々と節約体質、貯金体質になっていくと思いますよ。まずは身近な生活費を一定化させる事から始めてみては如何でしょうか?

 

下のボタンをポチッと押して応援してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です