貯蓄アップのコツは「生活設計」を立てることにある! という記事について

貯蓄を増やす為には生活設計は必須です。

このような記事を見つけました→貯蓄アップのコツは「生活設計」を立てることにある!

(All Aboutより)

要約すると、年収が高い人ほど生活設計を立ててる人の割合が多くて、逆に生活設計を立てていないという人の割合は年収が低い人ほど割合が高くなるという話です。

まあ、結果的には当たり前な内容であり数字的にも順当な結果です。やはり貯蓄を増やす為にはシッカリ生活設計をして、お金を管理しなければ貯蓄は増えにくいのです。お金の管理さえシッカリすれば少々収入が少なくても徐々にですが貯蓄は増えていきます。

私は長年の間、非正規で働いてきたので「給料が少ないから貯蓄なんて出来ない」「給料が少ないから年金なんて払えない」と、いいわけしてる人をいっぱい見てきました。もちろん収入が少ないと多い人よりは貯まりにくいですが、貯まらない最大の原因は収入の少なさではありません。単純にドンブリ勘定で家計をまわしているのが原因です。

生活設計をせずに貯蓄がドンドン増えていくのは高所得者だけです

本来は低所得者ほどシッカリと生活設計をしていかなければいけないのに、そういう人に限って、お金にルーズな人が多いです。1日の自分の予算、1か月の自分の予算が決まっておらず、感情でお金を使います。

感情だけを優先させてお金を使う人は当然ですが貯蓄が苦手ですので、貯蓄できない理由を収入の少なさに押し付けるのです。

誰だって使いたい時にお金を使いたいのですが、それを我慢して予算化できる人が貯蓄の出来る人で、我慢できずに感情に流される人が貯蓄の出来ない人です。

収入が少なくても、非正規でも貯蓄はできます

無意味な定額の会員登録やカードローンを乱発させている人でもない限り、それなりの収入さえあれば貯蓄は出来ます。もちろん家庭の事情のある人もいるにはいるでしょうが少数派です。

貯蓄をするには家計がドンブリ勘定では絶対に不可能です。少し貯まっても1回の大きな支出でなくなります。

貯蓄は継続する事が1番のミソです。2~3カ月やったらいいものではないのです。少額でも長年継続できる環境作りが大切ですので家計簿などで徐々にでも生活設計をして、毎月のお金を予算化させるのが秘訣です。

非正規だから、収入が少ないから と諦めずに少額から貯蓄を始めて、やりながらお金を管理していけたら貯蓄が出来るようになってくるでしょう。

 

下のボタンをポチッと押して応援してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です