日銀がついに「敗北宣言」。物価目標2%を諦めるほど、日本は貧乏になっている の記事について

日銀は物価目標2%というけど

こんな記事を見つけました→日銀がついに「敗北宣言」。物価目標2%を諦めるほど、日本は貧乏になっている

(マネーボイスより)

日銀が物価目標2%をあきらめたという記事だけど、正直な感想としては「そりゃそうだろ」と思います。そもそも賃金が上がっているのは大手の正社員と公務員だけで、大半の人は給料据え置きな上に増税、年金支給額減少して、更に年金制度の改悪すらもくろんでいるのに、国民がお金を使うはずがありません。

政府にしてもアリバイで好景気を演出して実態が全く伴っておらず、国民からお金をむしり取る事しか考えていません。インフレなど夢のまた夢で、これからもデフレは続いていく事でしょう。

目標ばかり設定して大声を上げる前に、やる事をやらないとインフレなどならない

国民は自分の将来を心配してるのです。国はお金を取る事しか考えておらず、将来への明るいビジョンを一向に示さないし、賃金上昇だって超大手が下請けを泣かして上げてるだけに過ぎません。全てが政府と日銀のアリバイ作りなのです。

ホントに日本をインフレにして、お金をまわしたいなら年金等の将来への明るいビジョンを明確に示し、実態の伴った金融政策を実行しないと変わる筈がありません。

今のように自分の手柄を宣伝するために「景気が上がった」「賃金が上がった」とバカみたいにアリバイ宣言をしてるだけでは100年経っても変わりません。

そもそも総理大臣が自分のお金の使い道を永遠と弁明してる現状など論外なのです。

これからもデフレは続くでしょう

こんな体たらくでは、これからもデフレは続くでしょうから政府の思惑など無視して節約、貯蓄にはげむのが良いでしょう。お金の価値は、これからも上がり続けるでしょうからシッカリ貯蓄しておく事こそが個人の出来る最大の防御策です。インフレになる要因など皆無ですから政府の子供だましなどに騙されてはいけません。

将来は年金制度も改悪、増税、賃金も上がらずですから、シッカリ将来に備えてる人が後々良くなっていくのです。

そもそも資産家が多い政治家たちが本気でインフレを望んでいるのかすら疑わしいです。自らの資産を目減りさせても日本を救おうなどという高尚な政治家が本当にいるのか、最近の政府の人間の発言や言動を聞いていると信じられないですね。自らの立場を守る事だけが目的な気がしてなりません。

よって私はこれからも、お金は使いませんよ

 

下のボタンをポチッと押して応援してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です