「毎月いくら貯金していますか?」意外にも4人に1人が…!? という記事について

「毎月いくら貯金していますか?」意外にも4人に1人が…!? という記事をみました。

こんな記事がありました→「毎月いくら貯金していますか?」意外にも4人に1人が…!?

(Yahooニュースより)

結論から言うと27.5%の人が毎月貯金をしていないそうです。3割の世帯は貯蓄ゼロという記事も見た事があるので、この辺は順当な数字なのかもしれません。

56%の人が5万円以内で1番多いのですが、私も5万円以内ですのでココに入りますね。まあ、収入を考えたら平均的な貯金が出来ているのは良い方ではないでしょうか?

現在の所は無職なので貯金が目減りしてますが、仕事は3~4万は貯金出来る環境にはしたいですね。多い分にはいいですけど

貯金ゼロだと具体的にどんな不自由があるか?

3割近い人が全く貯金をしてないという事ですが、貯金をしないと具体的にどんな不自由があるかというと

1、大きな買い物をする際は、すべてローンを含めた借金でする事になります。家電、車、引っ越し等です。借金には金利が付きますから、さらに余分なお金がかかります。お金が貯まらない悪循環ですね

2、当月分の生活費しかないですから、会社でどんな理不尽な扱いを受けようとも転職はできないですね。もし転職出来ても生活費の心配がありますから、会社選びが雑になります。腰を落ち着けて転職活動ができない

3、もし定年まで貯金がないとすると年金頼りの生活になります。年金額によっては生涯働く事になるかもしれません。

4、子供がいる場合は大学に入れようと思ったら多額の奨学金を背負わせる事になります。それによって自分だけでなく、子供も貯金出来ない人になる可能性が高まります。最悪は大学に行かせる事ができないかもしれません。

以上のような不自由が考えられます。

貯金ができないようになるなら家など買わない方が良い

住宅ローンで無理するくらいなら家など買わずに賃貸に住んだ方が余程マシです。特に頭金すら入れられないような経済状況で家を買うなんて愚か以外の何物でもありません。

貯金というのは、とても大切です。あるのと無いのとでは精神状態が全く違いますし、家庭環境が全く変わってきますので、1か月の家計を考える場合に1番目に貯金を確保するのが肝心です。

貯金がないと、どうしてもカードローンに手を付けてしまいますから無駄な出費がどんどん膨れ上がってしまいますから注意が必要です

 

下のボタンをポチッと押して応援してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です