節約がうまく出来ない人へ

毎月、家計簿を付けているのだけれど

収入がほとんど無いので、ただ、ダラダラと支出を書き連ねるだけの家計簿となっています。収入が少なくても固定費は毎月掛かってくるので、大赤字が続いているのですが、まあ何とかやっていけるだけの貯金はあるのでボチボチと就職活動をしようと思います。

支出を書くだけの家計簿でも付けていると、これだけお金が減っていってるのだと実感する事が出来るので、全く無意味という訳ではありません。

まず、どんな時でも収支を把握するのは家計管理の基本なので、家計簿は淡々と付けています。また、家計簿を付けていると無駄な購入が少なくなる効果も期待できると思いますよ

家計管理に悩んでいる人は家計簿を付けてみては?

イマイチ金銭の管理が上手くいってない人は、試しに家計簿でも付けてみてはどうでしょうか?

自分が使ったお金を網羅しておけば、何にお金を使っているかを実感できますし、それによって削減出来る項目も見つかるかもしれません。

家計管理の基本は固定費の把握ですから、何かと面倒くさい物の代表である家計簿は凄く効果のあるものと言えます。そして家計簿を続ける事で節約への本気度も計れるのです。

何となく節約したいな~ だけでは節約など出来ません。本気で節約したいなら家計簿くらいは付ける覚悟はしましょう。

家計簿は簡単なものでも良い

最近ある高性能の家計簿もいいですが、もっと簡単な家計簿でも十分です。最初はノートに箇条書きするだけでも効果はあります。私も半年くらいはノートに箇条書きでしたが、固定費の把握は十分にできました。

今は1番上の家計管理ページにある→個人主義的小遣い帳

というPC用のフリーソフトを利用しています。アナログ式の家計簿で応用が効いて使いやすいですよ

まずはノートに固定費だけを書き出して金額を把握して、慣れてくれば家計簿を付け始めればいいでしょう。

節約への本気度を示すなら家計簿は必須です。

何となく節約したいけど、何から始めたらいいか分からないという人は、固定費を一つ一つノートに書きだしましょう。家計管理の最初の一歩です。

固定費が把握出来なければ節約しようにも継続的な節約は出来ません。そして先では必ず家計簿を付けるようにしましょう。やるなら本気になって節約した方がいいです。

家計簿を付けて項目別に、どこが節約できるのかを考えていけば上手くいくように思います。

 

下のボタンをポチッと押してもらえれば嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です