40代の老後に向けた資産形成

40代というのは老後について考え始める年齢ではないか?

ネットニュースでこのような記事を見つけました→「人生100年時代」老後に向けてどういった資産形成をすればいい? 今からできる対策3つ

(マネーの達人より)

40代というのは一般的に老後について考え始める年齢ではないかと思うのですが、この記事では「iDeCo」「つみたてNISA」「個人年金」で対策をしようという話でした。

私は40代なので、その目線から考えると収入が比較的多い人は「iDeCo」を中心に、私のような非正規雇用だと「つみたてNISA」を中心に資産形成をすればいいような気がします。余裕があれば「個人年金」ですかね。

私の場合を想定すると

私の老後プランを想定すると、まずは預貯金の積立はどんな形であれ続ける必要があるでしょう。さらに「つみたてNISA」と「年金」という事になりますが、これだけでは不十分でしょうから、やはり労働も必要となってきます。

以前の記事で週3くらいのセミリタイアを目指すと書きましたが、現実的に考えると働ける間は労働日数は多い方がいいかも知れません。いずれ働けなくなる日は必ず来る訳ですから、なるべく働ける間は働いた方が老後は楽でしょう。まあ働き方にも色々あるので、その辺の改善の余地はありそうですけどね。

まずは老後に向けたプランを考えてみよう

老後のプランというのは人それぞれです。退職金が残るようであれば随分違いますし、住宅ローンの有無によっても違うでしょう。

40代ともなれば、ローン類などの借金はなるべくしたくは無い所ですね。カードローンなどもソロソロ卒業した方がいいでしょう

自分の老後の収入源を把握する事から始めて、不十分であれば対策を始めるのも40代になってくると必要となってきます。

老後の資産に不安のある人は?

私のように非正規雇用で働いていると、老後の資金が不安という人は多いでしょう。そういう人は単純に労働によって収入を確保するしかありません。

恐らく20年後、30年後には少子高齢化は進んでいるでしょうから、高齢者の労働環境は今よりも改善されるでしょう。したがって健康で働く意欲さえあれば何とかなるような気もします。

とは言え、高齢になればフルタイム勤務というのは体力的に難しいでしょうから、何らかの対策は今から取っておかなければいけないのは間違いないでしょう。無対策では老後は苦しくなります。

40代からでも何か老後に向けた対策は取っておくべきでしょう

 

下のボタンをポチッと押してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です