ソーシャルレンディングは有効的な投資なのか?

ここ数年、ソーシャルレンディングの人気は上がっている

ソーシャルレンディングについての記事を見つけました→「ソーシャルレンディング」は個人からの資金調達を可能にした仕組み メリット・デメリットを紹介

(マネーの達人より)

記事によると、ここ5年くらいでソーシャルレンディング市場は10倍以上の規模になるだろう という話です。

特に詳しい訳では無いですが、何度かその手のサイトをのぞいてみても「年率5%」とか下手したら10%なんてものもあって、この低金利時代には考えられないような高金利をうたったものとなっています。

しかし、冷静に考えると単なる金貸しである事

担保のあるものや無いものなど、色々あるようですがソーシャルレンディングは金貸しというのを忘れてはいけません。しかも高金利の金貸しという事ですから、借りている側もそれなりの実績を上げないと返せなくなる可能性を秘めているのです。

現在は比較的に好景気と言われていますから、企業の業績は良い所が多いですし返済も上手くいくかもしれません。しかし不景気というのは突然やってきます。何の前触れもなく突然やってくる事が多いです

1個人で急激な景気後退を予測するのは難しいでしょう。

長期間やればやるほどリスクは高くなる

ソーシャルレンディングも、いずれは返せない会社も登場する事は容易に予測されます。しかし、現在のシステムや融資先情報だけを見ると予定通り返せる企業なのか判断するのは難しいです。お金を貸す相手の情報が正当に開示されていないと感じるのです。

そんな相手に、何十万も何百万もお金を貸すのはリスクが高すぎると言えます。そして融資する回数が多いほど、期間が長いほどリスクはどんどん高くなっていきます。

長期間やればやるほど、ダメな会社に当たる確率は高くなります。

いずれ社会問題になっても不思議はない

景気が後退すれば、借金の多い会社から倒産していきます。そして、この手のシステムを利用してるであろう中小企業も真っ先に倒産します。潰れる時は一瞬です。何か月も待ってはくれません。

そういう面で、よく相手も分からない企業に長期でお金を貸すというのは非常にリスクが高いと言えます。

パタパタと倒れ始めるとドミノ式に行く事も考えられ、いずれは社会問題になっても何ら不思議は無いシステムかと思われます。

私は、この投資は利用しない

金貸しほどリスクの高いものもなかなか無いでしょう。しかも融資先の情報もロクに無いのにです。

私はソーシャルレンディングは利用しないですね。

 

 

下のボタンをポチッと押してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です