この無職期間で貯金が20万円減る見込み

現在、無職になって1か月が経過したが

無職になって1か月が経過したが、やはり給料が無いと貯金がゴッソリ持っていかれますね。日々の生活費は節約できますが、税金や年金、家賃等の固定費は当たり前ですが普通に掛かります。

今月中の就職は無理ですが、来月中に就職が決まったとしても貯金が20万円以上は減少する事になりそうです。

まあ、タンス預金の範囲では済んでいるのですが、今までの給料で20万円貯めるには4~5か月は掛かっていただろうから、なかなかの出費となりました。というか過去形に出来る訳ではないのですが・・・。

先月に売却した通常NISA1年分を丸々消費した形にもなります。

ただ、あまり後悔の念はありません

お金は掛かってはしまいましたが、それほど後悔はしてません。何故かと言うと、こういう休息時間は長い人生の中には必要なのではないかと感じているからです。前職を辞める前は明らかに気持ちが仕事に向かっていなかったと感じましたし、精神的に疲弊しているとも感じていました。

もちろん、そんな気持ちがあっても働いている人はいっぱいいるでしょうし、そういう人には尊敬の念も沸きますが、自分は自分である訳だし気持ちが仕事に向いてくるまで休息を取るのも一つの生き方だと思います。

そろそろ働きたいな という気持ちになってきた

ここ10日間くらいで「そろそろ働きたいな」という気持ちが大きくなってきました。もちろん経済的な理由もありますが、家で過ごす時間も持て余すようになりました。

ゴールデンウィークが終わったら本格的に仕事を探しますが、むやみに飛びつくのはやめとこうとは思っています。ゆっくり自分向きの条件を探りたいです。

仕事をする事において、モチベーションというのは凄く重要視しています。モチベーションを継続できる職場というのが1番の条件とも言えます。忙しすぎても駄目ですが、暇すぎてもやる気が出なくて働く意欲が削がれますね。

仕事が見つかったら、貯金と投資は継続します

現在のところ、働くための1番のモチベーションは貯金と投資です。貯金が増えるとモチベーションは上がりますし「つみたてNISA」もモチベーションアップの大きな要因です。

更に今回の無職期間で一つ大きな目標ができました。今までは全く論外だったセミリタイアです。

今まではセミリタイアには否定的でしたが、50代で週3日勤務を目標にして働き方改革を自分なりに作っていこうかと思います。3日というのは、あくまで外勤の日数です

まあ、あくまで目標なので急いで何かをする訳ではないのですが、人生のモチベーションとして考えていきたいです。

しかし、まずはシッカリ働いて十分な資産を形成するのが優先です。

 

下のボタンをポチッと押してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です