投資信託を始めるキッカケとなった一言

私が投資信託を始めるキッカケとなったのは、2ちゃんねるでの、ある一言だった

2ちゃんねるをブラブラとネットサーフィンしていて、20代の頃にやっていたという理由で競馬板によく出入りしていました。(今でもたまに行きますが)そこでG1レースのスレッドを見学してた時に、ある書き込みに「ビビッ」と来たのです。

「毎週競馬に大金かける位なら投資信託でもやれよ!」

今思えば何故、この言葉に反応したのかは不明なのですが競馬も見学だけでギャンブルも一切やらない貯金ヲタクが、この書き込みをみて「投資信託って何? そんなに儲かるの?」と、いきなり興味を持ったのです。

投資なんて全く無縁な人間で、銀行と証券会社の違いもよく分かっていません(後に失敗します)。しかし投資信託という響きも何か良いし(笑)、いったい何なんだろう? とネットで調べ始めたのです。

そこで投資信託と言えば「NISA」が流行ってる事を知ります。また何か知らないけど通な響きの言葉に興味はドンドン出てきます。何でも税金がかからない投資だと知りますが、そもそも投資に税金が掛かっている事も知らなかったので凄さもイマイチ分からないままNISA口座をいきなり開設しました

「さて、投資信託でもやってみるか」と、いざ始めてみてビックリ

投資信託は一定額を長期的に積立てるのがベストなのだ と、ネットで仕入れた知識で、いざ始めようとファンドを選んでいて、そこで初めて自分が失敗している事に気付きました。

何と「銀行じゃなくて証券会社に口座を開設しないと選べるファンドは少なくなる」でした。私は何処で口座を開いても扱ってるファンドは同じラインナップだと思っていたのです。

ジャパンネット銀行にNISA口座を開設したのですが、今でこそソコソコ扱ってるファンドの選択肢は広いですが、当時は「たわらシリーズ」くらいしか低コストなファンドはなく、ほとんど選択肢は無かったのです。

NISA口座を他行へ動かす事も真剣に考えたのですが、2~3カ月はかかりそうだったので我慢できずに見切り発車しました。結果的に「たわらシリーズ」は人気ファンドの一つになったので良かったですが、SBI証券のHPを見ながら「完全に失敗したな」と思ったものです。でも現在もジャパンネット銀行で運用中です。

人生を変えた2ちゃんねるでの一言

投資信託を始めてから私はずいぶん変わったと思います。まずお金全般に詳しくなりシビアになりました。

もちろん良い面だけではないかもしれないけど、それが節約につながり、家計管理にもつながって行きました。もし、投資信託をやっていなかったら目的も無くただ貯金をして、そのお金も目的が無いからアッサリ使っていたかもしれません。老後や年金についても考えるようになり人生設計というものが出来たような気がします

それも、あの一言が全てだったと思います。

 

下のボタンをポチッと押してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です