投資信託だけではダメな理由

投資信託を積立する重要性は確かにある

「つみたてNISA」などによる投資信託の積立は、まとまった資金を必要とせずに出来る投資法でドルコスト平均法をすると他の投資に比べても比較的リスクが低い投資法だと思います。20年間は非課税ですし、この制度のスタートと同時に投資信託を始めた人も多いのではないでしょうか?

貯蓄性が高く比較的安全な上に銀行よりも利率の良い運用が出来る可能性が高いとなると、貯金から投資信託へ乗り換える人なんかもいそうですが、その際に注意する事がありますので紹介します。

投資信託は、いつ売却しても利益が出るものではない

昨今の株価の下落で投資信託の運用益がマイナスになってる人も結構いるでしょうが、投資信託は元本保証の商品ではありません。したがって売却するタイミングによっては積立てた金額よりも安い金額になる場合もあるのです。

したがって利益を出すには基準価額が高い時に売却をしないと、せっかく長年積立をしたのに結果的に損をしてしまうのです。せっかくコツコツと積立をしたのにマイナスで売却するなんて嫌ですよね。私は絶対に嫌です

そこでマイナスで売却しない為にはどうすればいいか? について考えたいと思います。

資産を一か所に集中させるのは資産運用の方法としては良くない

投資の種類には色々とあります。個別株、FX、仮想通貨など、それぞれ特色がありリスクの範囲も違います。

投資信託の積立は、その中でも比較的ローリスクでローリターンな部類に入る方でしょう。それでも現在のように株価が急激に下落すれば元本割れを起こします。この時に自分の資産を投資信託だけに集中していればどうなるでしょう? 私なら気が気でなりません。何せ自分の全資産がどんどん減っていく訳ですから

では、どういう投資法が安全で安心なのでしょう

基本は銀行預金と組み合わせる

先ほど言ったように投資信託の積立の比率が全資産の内で、あまりに高すぎると不安定な資産運用になる場面が出てきます。「つみたてNISA」は20年間にも渡る長期運用ですから好景気の時もあれば不景気の時もあるのです

せっかく積立てたものですから好景気で基準価額の高い時に売却したいのは当然の事です。では、どうすれば自分のタイミングで売却できるかと言うと、銀行預金と組み合わせて積立をするのです。

もし大きな出費が出ても普通預金でも同時に積立をしていれば、そちらを利用して支払いをすれば投資信託は売る必要はありません。投資信託というのは銀行預金と同時に積立てる事で安全な運用が出来るのです

地味だが銀行預金は大切です

せっかく投資を始めたのに何なのですが、銀行預金はとても大切な運用です。全然金利も付きませんが基本はやっぱり銀行預金なのです。その中から長期に動かさなくても大丈夫な比率だけで投資信託をすれば少々元本を割っても「また上がるよ」と余裕を持って運用出来るのです。

 

下のボタンをポチッと押してもらえると嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です