老後資金っていくら必要なの?

ネットニュースでよく見かける記事として「老後資金は○○円必要」というのを見かける機会が多いですね。やはり皆さん老後の不安というのは少なからずあるでしょうから需要があるのでしょう。1億円必要なんて記事から出来るだけ働いて年金を繰り下げすれば大して必要無いという記事まで様々ですが、それも当然で現在でも生活水準は人それぞれなのですから「老後資金は○○円」などと断定する事は不可能に近いですね

ただ、80歳まで働ける人は、ほとんどいないでしょうから老後資金がゼロという訳にはいかないでしょう。退職金が出るような人は年金もそれなりにあるでしょうから、積立投資でもしてればある程度は安心でしょう。でも、私のように退職金なし、国民年金期間が結構ある場合は少し頑張って老後資金を貯めなければいけません。もちろん働ける間は働くことも必要になってきます。

若者が減っていますから労働者自体も高齢化していく事が予想されるので、働く気さえあれば高齢でも働ける社会になっていくでしょう。ですから老後の不安を必要以上に煽ってる記事を見かけると「記者も仕事を取るのが大変なんだなぁ」なんて思ってしまいます。「貯金とつみたてNISAなど」の併用で20年くらい準備して、出来るだけ働いて、年金を繰り下げすれば、それなりの生活は出来るのではないでしょうか? それでも生活出来ない社会情勢になれば困窮者が増えすぎて国も破たんしてしまいます。

問題は家などのローンを65歳までかかえてる人達ですね。以前の職場でも無理して家を買って65歳までローンをかかえて、しかも夜勤専属という人がいました。65歳まで夜勤専属なんて考えただけでもゾッとしますが、本人たちは貯金はゼロで毎月ローンを払うとお金は残らないと言っていました。しかもボーナス退職金なしだそうで、いつか破たんするだろうと思っていました。こういう人は特に珍しくもないそうで、家をローンで買う人はほとんどこんな感じだそうです。私は住居費は出来るだけ身軽にしたい人間なので、ちょっと考えられないのですが、老後資金よりも今のローンで精一杯みたいです

考え方は人それぞれですが、老後資金というのは自分の生活水準に合わせて持っていれば大丈夫だと思います。明るい未来の為に貯金と投資を頑張っていきましょう。あとは現役期間を延ばす事が出来れば、そんなに心配する事もないのでしょう。つみたてNISAは始まったばかりですが利用者が増えれば老後の心配の少ない人も増えてくるでしょう。

 

下のボタンをポチッと押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です