高齢者の4人に1人は貯蓄ゼロに思うこと

ネットニュースで読んだのですが、高齢者の4人に1人は貯蓄がゼロだそうです。さらに収入無し世帯では6割近くが貯蓄ゼロだそうです。しかし平均値にすると1700万円以上になり高齢者の貧富の差が広がっています。

今の高齢者世代は比較的恵まれた時代に生活していた人達ですから、もう少しみんな貯蓄を持ってるかと思ったのですが貯金できない人というのは、どんな世代にもいるみたいです。これからは非正規雇用の人たちが高齢者になっていきますから格差はどんどん広がっていくことが予想されます。

私も非正規雇用で退職金がないので、しっかり貯金をして積立投信もやって資産作りを頑張らなければいけないと再確認しました。年金もどこまでアテに出来るのか先行き不透明ですし、可能な限り高齢になっても働いて収入を得て年金も出来れば繰り下げをして将来に備える事が出来れば良いなあ と考えています。そのためには健康も大事にしなければいけないですね

幸いにして今の職場になってからは、かなり収入がアップしそうな雰囲気なので貯蓄の割合は増やせそうです。投資信託と貯金を増やすというのをモチベーションにして11時間労働をやっています

ってか、前の職場の給料が安すぎだったので、このペースでいけば5割増しもあり得るんですが、まだ給料をもらってないので金額が非常に楽しみです。上手くこの流れに乗って資産を増やしていけるように仕事も頑張ろうと思います。

ちなみにアーリーリタイアは目指していません(笑)むしろ生涯現役を目指しています(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です